高額特定資産を仕入れた場合と簡易課税制度

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年4月1日以後に、

一取引単位につき支払対価の額が税抜1千万円以上の

棚卸資産又は調整対象固定資産の

課税仕入れ又は

保税地域からの引取りを行った場合

には、

当該高額特定資産の仕入れ等の日の属する事業年度の

初日以後3年を経過する日の属する事業年度までの

各事業年度においては、

簡易課税制度と

事業者免税点制度は適用できません。

その事業年度以前から簡易課税の届け出を提出していても、

当該高額特定資産の仕入れ等の日の属する事業年度の

初日以後3年を経過する日の属する事業年度までの

各事業年度においては、簡易課税制度を適用することができません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です