特定資産の譲渡等と特定仕入れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「特定資産の譲渡等」

国外事業者が行う

事業者向け電気通信利用役務の提供と特定役務の提供をいう


「特定仕入れ」

事業として他の者から受けた特定資産の譲渡等をいう


特定資産の譲渡等の対価の額については

基準期間及び特定期間の課税売上高には、特定資産の譲渡等の対価の額は含めません。
簡易課税制度の判定額には、特定資産の譲渡等の対価の額は含まれません

課税売上割合の計算上、特定資産の譲渡等の対価の額は分母及び分子に含めません。


その課税期間の課税売上割合が95パーセント以上の場合

又は

その課税期間に簡易課税制度を適用している場合は、

当該課税期間において行った特定課税仕入れはなかったものとされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です