10%減額できる土地

10%価額控除できる土地

1)道路より高い位置にある宅地又は低い位置にある宅地で、
その付近にある宅地に比し著しく

高低差のあるもの

(2)地盤にはなはだしい

凹凸のある宅地
(3)振動のはなはだしい宅地
(4)(1)から(3)までに掲げる宅地以外の宅地で、
騒音、

日照阻害
建築基準法第56条の2に定める日影時間を超える時間の日照阻害のあるものとする)、
臭気等により、
その取引金額に影響を受けると認められるもの

また、宅地比準方式によって評価する
農地又は山林について、
その農地又は山林を宅地に転用する場合において、
造成費用を投下してもなお宅地としての利用価値が

著しく低下していると認められる部分を有するものについても
10%減額ができる場合がある

なお路線価又は倍率が、
利用価値の著しく低下している状況を考慮して
付されている場合
は10%の減額はできないことに注


国税庁タックスアンサーより引用

No.4617 利用価値が著しく低下している宅地の評価
 [平成29年4月1日現在法令等]
 次のようにその利用価値が付近にある他の宅地の利用状況からみて、

著しく低下していると認められるものの価額は、

その宅地について利用価値が低下していないものとして評価した場合の価額から、

利用価値が低下していると認められる部分の面積に対応する価額に10%を乗じて

計算した金額を控除した価額によって評価することができます。
1  道路より高い位置にある宅地又は低い位置にある宅地で、

   その付近にある宅地に比べて著しく高低差のあるもの

2  地盤に甚だしい凹凸のある宅地

3  震動の甚だしい宅地
4  1から3までの宅地以外の宅地で、

   騒音、日照阻害(建築基準法第56条の2に定める

   日影時間を超える時間の日照阻害のあるものとします。)、

   臭気、忌み等により、

   その取引金額に影響を受けると認められるもの

 また、宅地比準方式によって評価する農地又は山林について、

  その農地又は山林を宅地に転用する場合において、

造成費用を投下してもなお宅地としての利用価値が付近にある

他の宅地の利用状況からみて著しく低下していると

認められる部分を有するものについても同様です。
ただし、路線価又は固定資産税評価額又は倍率が、

利用価値の著しく低下している状況を考慮して

付されている場合にはしんしゃくしません。

2018年1月8日 | カテゴリー : 土地の評価 | 投稿者 : 消費税 税理士 さいたま

倍率方式

固定資産税評価額に国税局長の定める倍率
を乗じて計算した金額によって評価
注意点
 
実際の面積と土地登記簿上の地積が異なる場合は調整が必要


不整形地
間口が狭小な宅地、
無道路地等の個別事情がある場合には評価減が可能な場合がある
倍率方式により評価する上地が不整形地等である場合においては、
その減額を織り込んだ金額が
その土地の同定資産税評価額になっている
とされていますが、
近隣の比準地の固定資産税評価証明書を入手して
不整形地等の減額の金額が織り込まれているか
を確認しておくことが必要です。


登記されていない土地も
土地補充課税台帳に登録されている固定資産税評価額
による

2018年1月5日 | カテゴリー : 土地の評価 | 投稿者 : 消費税 税理士 さいたま

倍率方式による宅地の評価

固定資産税評価額に国税局長の定める倍率
を乗じて計算した金額によって評価

注意点

 

実際の面積と土地登記簿上の地積が異なる場合は調整が必要


不整形地
間口が狭小な宅地、
無道路地等の個別事情がある場合には評価減が可能な場合がある
倍率方式により評価する上地が不整形地等である場合においては、
その減額を織り込んだ金額が
その土地の同定資産税評価額になっている

とされていますが、
近隣の比準地の固定資産税評価証明書を入手して
不整形地等の減額の金額が織り込まれているか

を確認しておくことが必要です。


登記されていない土地も
土地補充課税台帳に登録されている固定資産税評価額
による

2018年1月5日 | カテゴリー : 土地の評価 | 投稿者 : 消費税 税理士 さいたま

奥行距離の求め方

相続税の土地の評価で
路線価地域においては
第一に
間口距離と奥行距離で
基本となる路線価を計算しますので

間口距離 と

奥行
正確に算定することが重要です

通常間口距離は測ればいいのですが
奥行については
判断に迷うことがあります。

土地は不整形地の場合が多いので

奥行については
不整形地の奥行距離の求め方
奥行距離が一様でないものは

平均的な奥行距離

によります。
具体的には、

不整形地の
想定整形地の奥行距離を限度として
不整形地の面積÷間口距離

得た数値とします。

以下国税庁HPより転載引用、以下は個人的見解です。

【照会要旨】
次の図のような不整形地の奥行距離はどのようにして求めるのでしょうか。

不整形地の奥行距離の求め方の図1

間口距離35

想定整形地の奥行20を限度とし 不整形地の面積600÷間口距離35=17.1奥行

不整形地の奥行距離の求め方の図2

想定整形地の面積800 想定整形地の間口40 想定整形地の奥行20

不整形地の奥行距離の求め方の図3

不整形地の面積720÷間口距離18=40奥行

不整形地の面積500÷間口距離20=25奥行

不整形地の奥行距離の求め方の図4

800÷20=40     800÷15=53≧50

不整形地の面積750

÷間口距離5=150

≧50奥行


間口距離の求め方は、

原則として道路と接する部分の距離によります

間口には

車などが出入りしやすいように

角が切れている場合がありますが

角切で広がった部分も間口に含めます

しかし

私道部分を評価する際には、

角切で広がった部分は間口距離に含めません。

私道は道路なので長方形で評価する

と考えればわかりやすいかもしれませ

2017年12月9日 | カテゴリー : 土地の評価 | 投稿者 : 消費税 税理士 さいたま